歌詞

SO LONG

鈴木雅之

作詞
川村結花
作曲
川村結花

たぶん僕らは 順序を間違えたらしく

心に任せて 先に幸せになりすぎてしまっていたけれど

こんなもんかなって生きてた 出会うまでの日々に

目を背けたまま これ以上はもう 進めないと気付いたんだ

やっとわかった 失くせないものが

もう君を 悲しませる僕じゃないと 約束する

そしてまた あの流星の夜みたいに 笑い合いたいんだ

常識がスクラム組んで 押し寄せても

君だけが 色褪せない本当を 教えてくれたんだ

この両手が届かない夜も 愛している 憶えていて

その日まで SO LONG


なにかにつけて 時間がかかる 僕だから

コトバ足りなくて 伝え切れなくて 不安にさせがちだったね

もっと早く 巡り会えていても

同じ明日を 僕は選んでいたはず Woo 嘘じゃない

君と見た あの流星の夜みたいに 笑い合いたいんだ

常識がスクラム組んで 押し寄せても

君だけが 色褪せない本当を 教えてくれたんだ

この両手が届かない夜も 愛している 愛している

少しだけ SO LONG

提供: うたまっぷ