歌詞

木曜日、見舞いにいく

スガシカオ

作詞
スガシカオ
作曲
スガシカオ

薬のにおいがはなをついて部屋を出た

晴れた五月の木曜日

今日も明け方 並びの部屋で誰かが

静かに旅立ったらしい


"また、来る…"とだけ言い残した

臆病なぼくをゆるしてほしい


あなたがもう言葉にしなくても ぼくにはわかるから…

続いてゆく全てのことが 永遠じゃないこと


その日はねむった おもくよじれた体を

やみの中に横たえた

遠くの森が風に大きくゆらいだ

"明日の朝にはやむのかな…"


数えきれない未来と

数え足りない思い出と


何か伝え忘れたことは ぼくにはもうないけど…

あと少しだけ話ができるなら 何を話すのだろう

提供: うたまっぷ