歌詞

ミートソース

スガシカオ

作詞
スガシカオ
作曲
スガシカオ

頭がわかるくらい暑いから

ミートソースを食った

間抜けな野郎しかいないから

ミートソースを食った


赤いソースが煮えた血液みたいに

ぼくの毛穴中から吹き出していったんだ


誰かがそのことをしゃべった

ややこしい話になった

ぼくはいいわけさえ面倒で

ニヤニヤと笑っていた


真夏の汗と 焼けた匂いで

ぼくも君も どうかなってる

赤いソースと 赤い太陽

9月がきたら 考えよう…


テレビで暑苦しい女が

ミートソースを食った

くちびるに色がこびりついて

ゲラゲラと笑っていた


赤いソースがダメな生き物みたいに

女の体中に必死にからみついた


言葉も心も ぼくの声も

よだれを流して うなだれてる

ユメも未来も かわいているから

9月になったら 考えよう…

提供: うたまっぷ