歌詞

コワレユクモノ

MIHO

作詞
MIHO
作曲
SHIGEO

ざわめいた空気へ飲み込まれ

少しずつ薄まる自分。

息苦しいほどからまり合っている

偽りも「幸せ」なのでしょう。


またいつものように 体の奥深く

あふれてくみたいに 聞こえ出す無数の声・・・。


ただ泣き続ける。叫んでいる。つぶやいてる。

どれが私?

このココロカラダ どこへ向かうの?


今ここにいるようで離れてく。

こんなにも はかないことに

気づいていたって しがみつきたいのよ。

弱いのは仕方がないでしょう。


「本物」なんてない。 選べるはずもない。

責めたてるみたいに 鳴り響く無数の声・・・。


泣き続ける。叫んでいる。つぶやいてる。

みんな、私。

このココロカラダ ちぎれ始め 痛みさえも

もう感じないの。

壊れるまで

ずっと向かってゆく。

提供: うたまっぷ