歌詞

NATURE BOY

V6

作詞
松井五郎
作曲
片岡大志

どこかで

聴こえてるラジオから

白い波が 心のBLUE[憂鬱]を

さらってくれるのに


誰か

逢いにきてくれるまで

ひとりきりでDOORを閉ざして

VIDEOで見る 青空[そら]だけが

ほんものだって思ってるかい


じっとしてないで もっととんがって

こっちから夏を迎えにゆくんだ

なんかしたくって いつも熱くって

僕らはずっと裸足で駈けてく


渇いた

壁のPAINTの海

風が泳ぐ まぶしい場所は

そうだねここじゃない


いつも

気分が冴えないわけ

わからなくて ためいきばかり

頭でしか知らないで

だめだなんて言ってないかい


じっとしてないで もっとなんだって

こっちから夢をはじめてみるんだ

きっとうまくいく 少しずつだって

輝くような気がしてるから


上手にできなくても

君らしくいればいい

まっしろな気持ちのまま

なんでもいい

つかめばいい


じっとしてないで もっととんがって

こっちから夏を迎えにゆくんだ

なんかしたくって いつも熱くって

僕らはずっと裸足で駈けてく


じっとしてないで もっとなんだって

こっちから夢をはじめてみるんだ

きっとうまくいく 少しずつだって

輝くような気がしてるから

提供: うたまっぷ