歌詞

桜日和 -ピアノ弾き語り-

星村麻衣

作詞
星村麻衣
作曲
星村麻衣

十六で君と逢い 百年の恋をしたね

ひらひらと舞い落ちる 桜の花びらの下で


逢いたくて駆け抜けた 陽のあたる急な坂道や

公園の隅二人の影は 今も変わらぬまま


君と僕と"桜日和" 風に揺れて舞い戻る

まるで長い夢から覚めたように 見上げた先は桃色の空


追いかけた日々の中に 刻まれた足跡は

何よりもかけがえのない宝物


君と僕と"桜日和" 風に揺れて舞い戻る

とめどない想いが溢れ出して 涙がこみ上げた…


君と僕と"桜日和" 風に揺れて舞い戻る

まだ見ぬ未来を胸に抱いて 見上げた先は桃色の空

提供: うたまっぷ