歌詞

孤独な太陽

エレファントカシマシ

作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次

ぶらぶらと帰り道

夜空を見上げたら

月の影あなたの面影が

見えたような気がした


公園に吹く風を

この頬に感じながら

何だか知らないけど涙ホロリ

こぼれ落ちた夜さ


明日しか見えないろくでなし

この俺は 孤独な太陽 それが男と思ってた


教えて 教えて 悲しみを いつの日にか

やさしさに変えちまう そんな日を

あなたとふたり 生きられりゃ


部屋ん中 ひとりでテレビを見てたら

何だか知らないけどあなたのやさしさに

包まれたい気がした


冷蔵庫の冷えたビールを 何本か空にして

らしくないけどセンチメンタルになっちまった夜さ


この町の夜は今日もまた星より輝くけど

孤独な太陽 男はいつも泣いている


教えて 教えて 悲しみを いつの日にか

やさしさに変えちまう そんな日を

あなたとふたり 生きられりゃ


明日しか見えないろくでなし

この俺は 孤独な太陽 それが男と思ってた


oh! baby 教えてくれ 悲しみをいつの日にか

やさしさに変えちまうそんな日を

あなたとふたり生きられりゃ

提供: うたまっぷ