歌詞

FROM rain

V6(Go Morita&Masayuki Sakamoto)

作詞
六ツ見純代
作曲
安部純

白く煙る砂浜を 車窓(まど)越しに君は見てた

夕立ちに追いたてられ 車の中ふたりきり


あんなに近くにいたのに 不器用だった夏の午後


せつない想いで君を 見つめてきた すぐそばでいつでも

だけど目の前じゃ はぐらかしていた Starting from the rain.


あの日バイトの帰りに 失恋の話し聞いて

夜通しで過ごせる程 恋の圏外にいたの


"僕ならどんな君だって好きでいれる"と言えてたら


君の瞳(め)の中に僕はどんな風に写っていたんだろう

世界で一番君が遠かった I wanna stay with you.


触れずにいた唇さえ 形を今も忘れない


せつない想いで君を 見つめてきた すぐそばでいつでも

超えられないものあることを知った One way summer days.


君と似た人と共に来てみた海 変わらずに雨雲が

夕立ちを連れて影を流してく Starting from the rain.


But I can forget you more.

Let's make a brand-new day for me.

Someday see you once again.

Starting from the rain..........

提供: うたまっぷ