歌詞

瞬間、ストロボ。

星村麻衣

作詞
星村麻衣
作曲
星村麻衣

波のようにキラめいて見えた 魔法じかけの夏の日

涙色もたちまち笑顔色に変わる 二人であるように


鼻先をそっと悪戯に撫でた南風

それは予測も不可能なくらい 突然の恋の知らせ


波のように揺らめいて消えた 魔法じかけの夏の日

時間(とき)よ止まれ 誰よりも大切な人を見つめていたいから


つま先がギュッと熱く火照り出す瞬間

あたしは夢中でキリがないくらい あなたに恋のシャッター切る


波のようにキラめいて見えた 魔法じかけの夏の日

時間(とき)を止めて 終わらないキスをする人があなたであるように


あなたに惹かれていった感触は今でも この身を焦がす

だけど好きだけではダメなんだろうね…でも

今は「好き」しか言えない


波のように揺らめいて消えた 魔法じかけの夏の日

涙色もたちまち笑顔色に変わる 二人であるように

提供: うたまっぷ