歌詞

風と太陽

中森明菜

作詞
SERIKO NATSUNO
作曲
URU

涙がこぼれて 傷ついていたんだとはじめて思えた

足元の大地に花が咲いてた

千切れそうな花に私の涙は役立つのかしら


地球にてのひらをあてた

宇宙(そら)はいまも膨張(ひろ)がる


いのちある限り こころある限り

身を焦がすほどの想いは生まれ続け 風はやまない

時は止まらない


誰かの心に触れるとわかるの

太陽を映した水平線をみんな 抱えていると

憧れは遠く 胸は痛むのに めざしてしまうね

やめられもしないし わけもわからず


海を少し飲んでみたよ

宇宙を感じたかった


いのちある限り 勇気は枯れない

自分はいるのに自分を捜し続け迷ってしまう

いのちある限り こころある限り

身を焦がすほどの想いは生まれ続け 風はやまない

リズムはやまない

提供: うたまっぷ