歌詞

風の歌をうたおう

トンガリくん

作詞
白峰美津子
作曲
岩崎元是

白(しろ)い雲(くも)が 流(なが)れるように

カタチを変(か)え 自由(じゆう)に生(い)きて行(ゆ)こう


深(ふか)く息(いき)を 吸(す)い込(こ)んだなら

空気(くうき)の味(あじ) 違(ちが)ってくるのさ


そう 耳(みみ)をすませ ah(アー) 目(め)を閉(と)じたら

そう どこからだろう ah(アー) 風(かぜ)の歌(うた)が 聞(き)える


知(し)らず知(し)らず 覚(おぼ)えたメロディ

口(くち)ずさんで まっすぐ歩(ある)くのさ


僕(ぼく)らにある 希望(きぼう)はいつも

明日(あす)への道(みち) 教(おし)えてくれるよ


そう この気持(きも)ちが ah(アー) 空(そら)のように

そう 青(あお)くなれば ah(アー) 風(かぜ)の歌(うた)が 聞(き)える


そう 耳(みみ)をすませ ah(アー) 目(め)を閉(と)じたら

そう 今日(きょう)のために ah(アー) 風(かぜ)の歌(うた)が 歌(うた)おう

提供: うたまっぷ