歌詞

夏の子午線

久保田利伸

作詞
川村真澄
作曲
久保田利伸

目を細めたなら 蜃気楼の中に

あの灼けた砂と 踊る姿が浮かぶ


忘れたはずの 遠い夏の日


季節に盗まれた心を

引き潮にあずけたまま

思いきり愛してよかった

髪の色も忘れたけど


もう 崩れかけた ボート小屋にもたれ

Ah シャツの裾がほつれるのも知らず


抱きしめたのが 夢のようだね


二度と逢えないから あなたは

伝説の恋人に

思いきり愛したことだけ

太陽が 覚えてる


I see your lovely face,

across the blue mirage.

You're in my mind forever.


二人が止めた 夏の子午線


季節に盗まれた心を

引き潮にあずけたまま

思いきり愛してよかった

髪の色も忘れたけど


You're in my mind forever...

提供: うたまっぷ