歌詞

八番目の虹の色

久保田利伸

作詞
川村真澄
作曲
久保田利伸

砂の上にずっと しゃがみこんでた

雲が小さく ちぎれてゆく

風に流され すーっと消えてしまうよ

まるで 僕の足跡のよう


雨に濡れた 公園のベンチは

もう何ヶ月も 濡れたままで

言葉もなく そっと触れた指先

答えない僕を見上げる君だけ

どうして そんなに

限りない笑顔 見せるのだろう


I break my lonely days

すべて君のせい 青空も風も

気付いたのさ 朝が来る理由(わけ)も 二人居る理由(わけ)も


八番目の虹の色 瞳に映して


夜の街にそっと 逃げ出しながら

振り向いてばかりいたけれど

失くしたもの きっと君がくれると

雨上がりの空 手の平に乗せた

I love you いつかは

涙も乾く時が来る


I break my lonely days

すべて君のせい 青空も風も

見つけたのさ 心の行き場を 抱きしめて欲しい


八番目の虹の色 君にも見えるさ

提供: うたまっぷ