歌詞

何も知らないから

JUN SKY WALKER(S)

作詞
KAZYA/JUNTA
作曲
JUNTA

何も知らないから 恐くはなかった

何もわからないから 好きになった

外は晴れていた 砂ぼこりもあった

静かな季節に 君に出会った

あの頃は時間があふれるほどあった

あの時の君の姿が僕自身だった


何も出て来ない 何も欲しくない

ひからびてしまった 今の僕は

昨日の事のよう 体が震えてきた

目に焼きついている 川の色まで

あの頃は時間があふれるほどあった

あの時の君の姿が僕自身だった


あの頃は時間があふれるほどあった

あの時の君の姿が僕自身だった

僕自身だった

僕自身だった

提供: うたまっぷ