歌詞

冬の終わり

SURFACE

作詞
椎名慶治/野口圭
作曲
永谷喬夫/椎名慶治

冬の終わりのやけに寒いこんな日

いつまでも君のこと考えてる


自分勝手に伝えたかったことを

浮かべては後悔ばかりしたりで


とても上品な言葉だけじゃ

全部言い切れやしないけれど


あきらめつかない めめしい気持ちが

あるのは本当のことだから

馬鹿にされてもいい 笑うなら笑えばいい

僕は君を忘れない


お人好しかな今も君が元気で

いるかなんてそんなこと気にしている


君をひきずっていることに

なぜか安心したりするよ


ただの妄想が 二人結んでる

これが最後の繋がりだから

くだらなくてもいい 何も産まなくてもいい

今も君に溺れたい


冬の終わり寒さが増した 君がいないせいだろう

腕に絡み甘えてた暖かさ

まだ覚えてる これからもずっと


冬の終わりのやけに寒いこんな日

いつまでも君のこと考えてる

提供: うたまっぷ