歌詞

ずっと僕達は

堂島孝平

作詞
堂島孝平
作曲
堂島孝平

レシピから僕はこぼれ落ちて 季節から彼は弾け飛んだ

時間から君は逃げられずほんを読む暇もない


朝食に僕はミルクを飲む 昼食に彼はパンを盗む

夕食に君は恋人と食べるフリをしてる


穴に落ちそうな未来 手探りじゃ抜け出せない

そんな不安を誰しもが抱えこんだまま


ずっと僕達はでこぼこの道を行く

戸惑いとか事情にいつも揺れながら

ハシャギ過ぎた日々 思い倦んでた日々

胸に刻みつけてそしてたまに眠る


A型の僕は嘘を放つ B型の彼は嘘を見抜く

O型の君はABにひどく憧れてる


友達のひとりはナルシスト 友達のひとりはニヒリスト

瞳を閉じてどこかで誰かとキスを交わした人


繰り返される夜に 散らばった星のように

みんな浮かんで輝いて回り続けてる


ずっと僕達はでこぼこの道を行く

戸惑いとか事情にいつも揺れながら

ハシャギ過ぎた日々 思い倦んでた日々

胸に刻みつけてそしてたまに眠る


穴に落ちそうな未来 手探りじゃ抜け出せない

けれど希望はいつの日も忘れないでいて


ずっと僕達はでこぼこの道を行く

戸惑いとか事情にいつも揺れながら

ハシャギ過ぎた日々 思い倦んでた日々

胸に刻みつけてそしてたまに眠る

提供: うたまっぷ