歌詞

君と僕

The Love

作詞
平義隆
作曲
平義隆

虚しく移りゆく 季節の中で また作り笑いがうまくなった

流されて 変わってく僕は君の 瞳に どう映るんだろう

「やさしいだけじゃ不安なの」 って泣いてた

君の気持ち わからなかったけど

大切にするだけが 愛じゃないって 今では少し気づいたよ


ケンカのあとでいつも 短いキスをする 涙目の君が愛しかった

そんなふうに かけがえないものを 人は一生でどれだけ 手にするんだろう?


君は僕で 僕は君で それだけで満たされてた

君がほら 笑うだけで どんな苦しさも 癒された 気がしたんだ


ガムシャラなほど 空回りもするけど もう自分に 負けたくはないよ

君との夢を そうたやすくあきらめた あの時の僕のように


きゅうくつなベッドで 僕の胸に手をのせて 眠ってる君が 愛しかった

そんなふうに 大切なものを 人は一生で どれだけ 失うんだろう?


君は僕で 僕は君で それだけで満たされてた

君がほら 笑うだけで どんな苦しさも 癒されたね

君は君で 僕は僕で それぞれに 歩き出す

悲しいのは 君を失うことじゃなく あんなにも もう誰も 愛せないこと


君も僕と同じように どうか苦しんでいてほしい

あの頃より 幸せに笑わないで そんな願いを どうか ゆるして ゆるして...


君は僕で 僕は君で それだけで満たされてた

君がほら 笑うだけで どんな苦しさも 癒されたね

君は君で 僕じゃない 気づかずに 求めすぎた

きっと二人は 消せない不安抱え

孤独を 重ね合って生きてきたんだね...

提供: うたまっぷ