歌詞

青い傘で

FIELD OF VIEW

作詞
AZUKI七
作曲
大野愛果

窓の外眺めて はしゃぐ君の

声を聞きながら眠る帰り道

明日になれば また会えるのに

この安らぎの中 離れたくない


ただ真実がふいに見えた時でも

それが全てじゃない 君といれば そう思う


雨が降る日は ふたり青い傘で

空をつくろう 小さなシェルターみたいに

僕ら これからも何かを選びながら行くよ

確かなものはなくても

また明日を愛せるように


こんなに擦り切れたかかとの靴

僕らはどれほど歩いて来たんだろう

大人になれば 涙かわくまで

やけに時間をかけて 抜け出せなくなる


もし君が迷い 光が見えなくても

手探りで届くキョリに いつもいたいよ


晴れた空にさした 青い傘は

色付きの影をつくる ひとつの宇宙

大きな流れに のみ込まれそうな時

守りたい 未来抱いて

過ぎ去りし日々を許して


雨が降る日は ふたり青い傘で

空をつくろう 小さなシェルターみたいに

僕ら これからも何かを選びながら行くよ

確かなものはなくても

また明日を愛せるように

提供: うたまっぷ