歌詞

河より低い町で-MY OLD MAN-

JAYWALK

作詞
知久光康
作曲
杉田裕

赤い夕陽に 塗りつぶされて

あの日 小さな 俺はここにいた

あいつにだけは 謝るものかと

くやし涙を投げた河


あの頃はあいつ ことあるたびに

たてつく俺が きっと淋しくて

それでも許せる ふりをするなんて

できずにぶつかりあった心


コンクリートの堤防の他は

なにも変わって いないみたいで

まるでなんだか あいつがどこかで

俺を見ているようさ


Ohhh

ここで生まれた 河より低い町で

Ohhh

俺が生まれた その時あいつ

はしゃいだらしい


誰よりきっと 憎んでいただろう

あいつにすべてを 取り上げられて

罵る声に ただ唾を吐き

戻れない橋を渡った俺


あれから何度か 書いた手紙は

多分読まれはしなかっただろう

頼ったことなど一度もないけど

誉められたはずもない


Ohhh

ここで生まれた 河より低い町で

Ohhh

俺が生まれた その時あいつ

はしゃいだらしい


最後の言葉も 何も残さず

誰も呼ばずに 独りで逝ったと

知らされた俺が ここに来たのを

喜んでくれるかい


Ohhh

ここで生まれた 河より低い町で

Ohhh

俺が生まれた その時あいつ

はしゃいだらしい

提供: うたまっぷ