歌詞

幸せのドア

中西保志/沢田知可子

作詞
沢田知可子
作曲
林仁

君(きみ)の手(て)を 握(にぎ)りしめて

歩(ある)き出(だ)した 銀色(ぎんいろ)の道(みち)

あどけない 君(きみ)の笑顔(えがお)

夜明(よあ)け前(まえ)を 照(て)らしながら・・・


あなたとならば どんな道(みち)のりも楽(たの)しむから・・・


幸(しあわ)せになろうね 誓(ちか)う言葉(ことば) かみしめながら

静(しず)かな街(まち)を 目覚(めざ)めてく空(そら)を

どこまでも行(い)ける気(き)がする・・・ 幸(しあわ)せのドアだね


幼(おさな)い日(ひ) 夢(ゆめ)見(み)ていた

たったひとつの 大事(だいじ)な出逢(であ)い

あなたへと 届(とど)くように

願(ねが)っていた いつも いつも・・・


君(きみ)を守(まも)れば どんな運命(うんめい)も愛(あい)せるから・・・


幸(しあわ)せになるって 二人(ふたり)の手(て)が 描(えが)く未来(みらい)

今(いま)を大事(だいじ)に 大事(だいじ)に生(い)きよう

何(なん)にでもなれる気(き)がした・・・ 始(はじ)まりのドアだね


何時間(なんじかん) 歩(ある)いても 話(はな)しても

ぬくもりを 感(かん)じてる

白(しろ)い宇宙(そら)に 日(ひ)が昇(のぼ)る・・・ きれいだね


幸(しあわ)せになろうね 誓(ちか)う言葉(ことば) かみしめながら

今(いま)を大事(だいじ)に 大事(だいじ)に歩(ある)こう

この広(ひろ)い宇宙(そら)に描(えが)いた・・・ 幸(しあわ)せのドアだね

提供: うたまっぷ