歌詞

かんらん車

松任谷由実

作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実

すいた電車が住宅街ぬけて

ひとしきり冬枯れをふるわす

あとに残った ひとりの足音は

川辺りの遊園地をたどる


さびついたかんらん車に腰をおろせば

ゆるやかに空は巡りはじめ

あなたの住むあたり広がってゆく

さよならが無性に恐かった

はりつめた想いが遠くなるの


いつしか雪が静かに舞いながら

チャコールの下界へと流れて

きっとあなたは窓の外を見てる

あのひとの肩を抱きよせて


つぎつぎと飛行船もゲームも止まり

粉雪が空を埋づめてゆく

終わりの暗示には美しすぎる

私だけ 冬空の旅人

地上に戻る頃 世界が止まる

提供: うたまっぷ