歌詞

サンド キャッスル

松任谷由実

作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実

ひとりで出かけた砂浜で

キャッスル作った午前中

もうすぐ満ちて来る潮に

崩れ去るのを待ってる

さよなら さよなら 長い恋


陽差しが翳った遊歩道

季節が戻ってまだ寒い

ナイロンのコートのすそが

そよ風に泣いているわ

ごめんね ごめんね つらい恋


世界で一番幸せと信じてた

もういつだってゴールインねと

からかわれてた

砂のお城に住んでた

プリンセスとプリンスね

Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love


くるくる散ってたプラタナス

気取って歩いた うでをくみ

どこまでも続くみたいに

アーチが流れていった

さよなら さよなら 長い恋


いつか近くに寄せて来ていた波が

心の中の足あとさえも

さらってゆくの

誰もがうらやむような

二人になれなかったね

Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love


波のフレアー 白いレースの泡に

こわさ知らずなきらめく日々が

崩れてゆくわ

砂のお城に住んでた

プリンセスとプリンスね

Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love

誰もがうらやむような

二人になれなかったね

Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love

提供: うたまっぷ