歌詞

消息

松任谷由実

作詞
松任谷由実
作曲
松任谷由実

向い側 ホームの端に

あの人が立っていた

雨降りの線路を隔てて

みずいろのセーターがうるんで


呼べずに呼べずに 風が来て

私の背中を発車の笛が押した


知るひとは燃えつきたと思うでしょう

今はもう

連絡もとることなく

行きつけの店もなく…それでも


愛して愛していることを

ガラスにもたれた瞳を読みとって

その時苦しみが 消えてゆくのを見た


呼べずに呼べずに 時は去き

電車はカーヴで煙った点になる

愛して愛しているうちに

私はあなたのグレイの汚染(しみ)になる

呼べずに呼べずに 時は去き

電車はカーヴで煙った点になる

愛して愛しているうちに

私はあなたのグレイの汚染(しみ)になる

呼べずに呼べずに 時は去き

電車はカーヴで煙った点になる

愛して愛しているうちに

私はあなたのグレイの汚染(しみ)になる

提供: うたまっぷ