歌詞

No Way

ASKA

作詞
ASKA
作曲
ASKA

ビルの谷間で月が止まった

タワーの点滅が秒読みを誘ってる


万華鏡よりも多彩な顔の

夜の都会は 灯りの海に呑まれた


女は答えを聴くように

胸に耳あてたまま


こんな夜景にナパームをぶち込むような

画面を浮かべた

灯りに染まる炎のシーツの中で


抱き合いながら 分からなくなる

ひとつになって 分解し合ってる


一度遠くを見たから

近くには戻れない


女は生まれたばかりの姿で

絡む蔓になって

乾いた場所を避けて延びつづける


カーテンの向こうのガラス窓に

一枚の絵のように張り付いた決まりの現実がある

もうこの部屋と外をつなぐものは何もないような気がした

no way, no way, there is no way.


こんな夜景にナパームをぶち込むような

画面を浮かべた

灯りに染まる炎のシーツの中で


どうせいつかは砂漠に帰って行くすべての世界さ

女は何を聴きながら 夢の何処をさ迷う

熱にうなされながら こぼす言葉のような

no way, no way, there is no way.


こんな夜景にナパームをぶち込むような

画面を浮かべた

灯りに染まる炎のシーツの中で

提供: うたまっぷ