歌詞

ジンクス

20th Century

作詞
六ツ見純代
作曲
星野靖彦

君との3年の時がすぎ 慣れた安らぎの中で

出会いのときめきなんて忘れて わがままに過ごしていた


ささいなケンカしたあの日の夜 君が部屋を飛び出して

すぐに戻るはず そんな風に 思ったから止めずにいた


携帯は君のコールを告げず 時間はすぎるいたずらに

不意によぎる不安な想い


抱きしめたい いつも近い場所で あらためて感じている

不器用でたとえばドラマみたいに 格好良くは言えないよ

今までやってこれたふたりだから こんな挫折に負けない

大事にするよ君をこれからずっと 誰にも君の代わりは出来ないから


冷たい夜の中彷徨って ひとり孤独確かめる

気が付けば小さな君の束縛 愛だとわかる今夜は


伝えそびれたこととアクセルを 思いきり踏み込んで

探し出すコンディション悪いラジオのノイズを消すみたいに


世の中の恋愛は 速いサイクルで終わるそれぞれ

ジンクス超えられず So long good bye


君を創るすべて今は想いだす 気の強ささえ イトオシイ

触れたいもう一度その唇に 出会いの頃のときめきよりも

ぬくもりを深く胸に刻む 離したくない君だけ

いつの日かこんな夜の事を 話せる時にそばにいて欲しい


今ふたりやり直せるなら

どんなことも乗り越えられる

ジンクスはいらない今度は


抱きしめたい いつも近い場所で あらためて感じている

不器用でたとえばドラマみたいに 格好良くは言えないよ

今までやってこれたふたりだから こんな挫折に負けない

大事にするよ君をこれからずっと 誰にも君の代わりは出来ないから


君を創るすべて今は想いだす 気の強ささえ イトオシイ

触れたいもう一度その唇に 出会いの頃のときめきよりも

ぬくもりを深く胸に刻む 離したくない君だけ

いつの日かこんな夜の事を 話せる時にそばにいて欲しい

提供: うたまっぷ