歌詞

心のインク

BEGIN

作詞
BEGIN
作曲
BEGIN

心のインクから しみ出して来た夕焼けの茜色

思い出なぞる度 置き去りのままにした空の色


いつか独り見てた 海の見えるふる里の丘に立ち

遥か沖行く船 旅立ちを決めた日の空の色


あぁ歳を重ね行く度 時の流れは早くなる

帰る度に小さくなってゆく 母の背中よ


幸せは何色 涙はなぜトウメイのままなのか

元気でいるからと 手紙に書く 心のインクで


街を流れる川 海の様に寄せては返さない

夢を語り合った 友達さえここには戻らない


あぁ歳を重ね行く度 好きになってく唄もある

酒の酔いがずいぶん早くなった 父の島唄


幸せは何色 涙だけはトウメイのままがいい

元気でいてくれと 手紙に書く 心のインクで

元気でいてくれと 手紙に書く 心のインクで

提供: うたまっぷ