歌詞

丘に吹く風

チューリップ

作詞
財津和夫
作曲
財津和夫

風が緑をゆらしてる

ぼくはひとりであるいてる

丘にのぼれば大きな海が

静かに朝をつくってる


風が体をたたいてる

ぼくの心をゆらしてる

ひろがる雲よ水平線よ

ぼくはどこへゆくのだろ


今でも今でも ぼくは信じてる

どこかに確かな 愛があると


風はいつしか歌をやめ

まるで時間をとめたよう

いつものように坂をくだれば

そこにはぼくの街がある

提供: うたまっぷ