歌詞

港のどこかに窓がある

美空ひばり

作詞
西沢爽
作曲
古賀政男

港をせつなく 見つめてる

そんな気がする 窓がある

忘れた頃に 来る船を

風の吹く日も 雨の日も

静かに待ってる

窓 窓 窓がある


いつでも女が ただ一人

海を見ている 窓がある

夜更けは青い 灯をともし

影もやつれて うなだれて

誰れかを待ってる

窓 窓 窓がある


風見の鶏さえ 知らぬ窓

誰れも気づかぬ 窓がある

港の恋の 悲しさが

たった一目で わかるように

淋しく開いてる

窓 窓 窓がある

提供: うたまっぷ