歌詞

黄昏の賢者

Sound Horizon

作詞
Revo
作曲
Revo

彼の名は『賢者』――

正確にはその呼び名も通称...本名は全く以って不詳...

私が初めて彼と出逢ったのは...ある春の日の黄昏...寂れた郊外の公園だった・・・・・・


今晩和――

まずは誰もいない → 其れが零だ...

其処に私が現れた → 其れが壱だ...

そして君が現れた → 其れが弐だ...

単純な数式にこそ ← 真理が宿る...


そんな容易なことに0301え自らを閉ざして 気づけない時もあるのだ・・・・・・


やぁ、御機嫌よう――

朝と夜との地平線 → 其れは弐だ...

時の王が眠る墓所 → 其れは参だ...

煌めく永遠の星屑 → 其れは伍だ...

単純な素数に0301え ← 真理は宿る...


どんな容易なことに0301え自らを閉ざして 気づけない時もあるのだ・・・・・・


君の哀しみを因数分解してみようか?

幸福の最大公約数を求めてみようか?

涙を拭って...0301ぁ...お立ちな0301い...君の途はまだ続くのだから・・・・・・


なるほど──

産むべきか ←→ 産まざるべきか...

それが最大の...謂わば問題だ...


歓びの朝も...哀しみの夜も...全ては君の物...

未見ぬ者へ...繋がる歌物語...詩を灯す物語...


『風車』が廻り続ける度に 『美しき』幻想が静かに紡がれ

『焔』の揺らめきの外に 『腕』を伸ばす愚かな者達は

『宝石』をより多く掴もうと 『朝と夜』の狭間を彷徨い続ける

『星屑』の砂の煌めきにも 『葡萄酒』は仄甘い陶酔を魅せ

『賢者』が忌避する檻の中から 『伝言』の真意を彼等に問うだろう

『天使』が別れを告げし時 『地平線』は第五の物語を識る


君が来た朝を後悔するなら...更なる痛みを生むべきではない...

君が行く夜を肯定するなら...その子もまた《人生》を愛すだろう・・・・・・


お嬢0301ん――君の哀しみを因数分解してみようか?

幸福の最大公約数を求めてみようか?

埃を払って...0301ぁ...お発ちな0301い...君の旅はまだ続くのだから・・・・・・

0301ようなら――

提供: うたまっぷ