歌詞

夏に降る雪

河村隆一

作詞
河村隆一
作曲
河村隆一

甘美なる微熱 僕は夢を見ているの?

凍えそうになる 銀色している空


ここはよく似ている 妙なそれは胸騒ぎ

静かすぎる街 夏に降る雪


滲んだその窓 透かしたこの手の平は

僕のものじゃない まるで作られた虚像(かりもの)


走るどこまでも 外は白銀の世界

誰もここにはいない 一人叫んだ


唇をかんだ 何も信じられなくて

君の名を呼んだ...


1000年の朝に 禁断のその扉を開き

迷い込んだのは 永遠の悪夢


遠く遠くどこまでも 君を探す僕は

ここはまるで見知らぬ星で


これが夢なら早く覚めてくれ 止まない雪に全て

埋もれてゆくよ君の姿も あの日の記憶さえも


二つの炎に 透かしたこの手の平は

僕のものじゃない きっと僕じゃない

提供: うたまっぷ