歌詞

跪いて足をお嘗め

ALI PROJECT

作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也

跪いてお嘗めよ 赤い爪を

縺れた舌で女王様とお呼びなさい


地獄に咲く太陽と

極楽に堕ちる闇と

眩しさと絶望なら

どちらが深いのだろう


頭ノ中カラ薔薇薔薇

散ラシテアゲルワ波羅蜜


秘めやかに疼く傷も

したたかに滴る血も

心の底へと届く

美し貢ぎ物なのに


求めるのが

まだ愛なんて

男達どれほどまで

浅はかな子供だろう


跪いてお嘗めよ 聖なる足

掠れた喉で女王様とお呼びなさい

生きる証 聳える痛みの塔に

這って昇って絶え絶えに

それでも乞うのなら


私の凍りついた涙を融くのは

あなたの最後の一声かもしれない


好色と嗜虐の目と

組み敷かれる屈辱と

恍惚の狭間に視る

哀しき幸福の影


躯ノソコカラ炸裂

逃シハシナイワ絶頂


騙し騙されて繋ぐ

蜘蛛の糸のはかなさよ

信じられるものはもう

何も有りはしないのに


縋りたいのが

なお愛なんて

女達どれほどまで

愚かな生き物だろう


跪いて捧げよ 永久なるもの

渇いた喉で母様と叫びなさい

生きる教え 撓った鞭の音を

数え纏って怖怖と

それでも乞うのなら


純粋と云う 汚物に塗れた宝石を

この手で掬い出せるのかもしれない


横たわって求めよ 甘い舌を

可愛い声で姉様とお鳴きなさい


跪いてお嘗めよ 聖なる足

掠れた喉で女王様とお呼びなさい

生きる証 聳える痛みの塔に

立って昇って絶え絶えに

そうして恋うるなら


私の凍りついた魂(こころ)を解くのは

再び目覚めるあなたの瞳でしょう

提供: うたまっぷ