歌詞

SOPHIA

作詞
松岡充
作曲
松岡充

ガキの頃 大人に言われたよ "お前らに何ができるのか?"

夜明けまで 見えない真っ暗な空に 夢を見ては 叩きつけるだけrockin' band


卒業写真もふて腐れ 誰かの猿真似大嫌い

理由を問われても 答えられぬ 唾を吐いて 仲間を捜す


そんな奴が キラキラの 舞台の真中に立ち

マイクで あの頃の 自分に叫んでる

そこはとても 残酷で 吐き出せば吐き出す程

もがけば もがく程 光放つ


時は痛みも ゆったりと消すけれど

見えなくなった 赤い傷口 唾を吐かれ 仲間も遠ざかる


同じようで 変わり行く この街の景色の中

でたらめばかりも 本当の事で

だからこその この詩を 親愛なる君だけに

終わる事のない この詩を


聴こえるかい? remember how we started?

夜明けまで 見えるまで 僕は叫ぶだろう

見たいものは 光じゃない 見せたいのは傷じゃない

俺達を 今も突き動かす 夢


転がる 石ころの rock'n'roll band 角がとれ 丸くなるはずさ

どうしても うまく 転ばない 時々は止まって 休むのさ

提供: うたまっぷ