歌詞

ANGEL WALTZ

布袋寅泰

作詞
森雪之丞
作曲
布袋寅泰

君がいなくなってから砂漠の炎が消えて

ヴィデオが壊れて

猫が二匹増えた

僕は同じ夢を見て 夜明けの街を彷徨い

夕陽に疲れて 夜はただ泣いている

Woo Woo 時は流れてゆく 僕を残して

君がいなくなってから 眼鏡を失くしたように

世界は歪んで みんな嘘にみえる

僕が欲しかった自由

こんなに淋しい自由

ウォッカをあおって 路地裏で眠ろう


Woo Woo 時は流れてゆく 僕を残して

君がいなくなってから 眼鏡を失くしたように

世界は歪んで みんな嘘にみえる

僕が欲しかった自由

こんなに淋しい自由

ウォッカをあおって 路地裏で眠ろう


今でも心に響く懐かしのピアノ

いつも照れて踊った 甘いワルツ

星影優しく 君の髪は柔らかく

千の夜が流れた 君が天使だと

気づかないまま


Woo Woo 時は流れてゆく 僕を残して

君がいなくなってから 眼鏡を失くしたように

世界は歪んで みんな嘘にみえる

僕が欲しかった自由

こんなに淋しい自由

ウォッカをあおって 路地裏で眠ろう


涙の岸辺に 揺れる懐かしのピアノ

愚かな僕を責める 甘いワルツ 愛する痛みを

分かちあわず 逃げ出して 僕はすべて失くした

君が天使だと 気づいた朝に

君が天使だと 気づいた朝に

提供: うたまっぷ