歌詞

STONE

川本真琴

作詞
川本真琴
作曲
川本真琴

SCRAPになった車のKEYを放り投げて

BISCUITの屑みたいなCHANCEをずっと待ってる

新しい聖書 新しい性別 新しいDRAG

しわくちゃになったNEWSPAPERに誰のBLUESもない


STREETにたむろしてる子供達SCREEN見上げてる

MARKETでみっけた しみだけらけの地図をひらいてみる

POODLE MADAMは今夜もご機嫌 PRIVATEを売る

この街が君を仙人掌(サボてん)にして世界を終わらせた


落書きしてる白い羽つけた女の子囁く 「今夜で終わりなら 何食べる?」

唇にKETCHUPをつけて SCREENから舞い降りた


この呪いとく呪文が見つかんない

何度も手の中で君の棘が刺さって痛いけど

COUNT DOWN 街中 予言してる

見たこともない世界が姿をあらわすのさ

君のSTRANGE STONE


みんなの店にはPINCHな仲間がBRAVO! BRAVO!して

SHOTで一杯やってる牧師が祈り捧げてる

ささくれが出来た親指を噛む癖がなおらない

今夜もSLUMのどっかで誰かが風を聴いてる


眠れぬ憂鬱な黒いシッポの男の子尋ねる 「何処にも行けないね…行けるよね」

守られているよりもきっと こぼれちゃいたいんだ


この呪いとく呪文が見つかんない

何度もCOINを数えてみてもTICKET1枚分

COUNT DOWN 街中 予言してる

見たことのない世界に全てを飲み込まれそうさ

君のSTRANGE STONE


"この街を2つに分ける大きな穴

僕らに埋められてる黒と白の2つの石

誰かにかじられたぼくの記憶

一晩中考えよう …考えよう"


SCRAPになった5番街が朝になってくのさ

ぼやけた光を吸い込みながら僕ら歩いてく

SCREENを見上げて仙人掌の君がそっと呟く

MAMAが1限をサボって聴いてた「Do You Really Want To Hurt Me?」


誰かの右手と左手がいつもFAKEしてCLASHさ 僕たちはNO TOUCHでいたいけど

矛盾 目覚なくてもいいような そんな夢を見ていた


この呪いとく呪文が見つかんない

いつのまにか僕の中から黒いシッポ育ってく

COUNT DOWN 街中 予言してる

見たこともない僕が鏡から僕を見ている

僕のSTRANGE STONE

提供: うたまっぷ