歌詞

うたいつづけるとき

KAT-TUN

作詞
山本成美
作曲
成本智美

線路の脇に寝転び

流れる雲を見ていた

彷徨う風が雑草を揺らして

まるで空っぽの俺を

あざ笑うみたいにただ

無表情に通り過ぎてく季節


何を信じていいのか

誰に話せばいいのか

うわべだけて

ありふれた未来なんてクダラナイ

独り そう吐き捨てていた everynight


今ここにいる俺たち

何ができるのだろう

傷つく覚悟さえもできてないのに

くり返す日々の中で

その答えが知りたくて俺は

今日も遠い空に手をのばす


ガキの頃に唄ってた

歌がグルグルと回る

でもその続きが思い出せない

あのとき描いていた

その扉の向こうには

どんな世界が広がってたんだろう


何を探せばいいのか

どこへ向かえばいいのか

優しさなど

邪魔になると思い込んでいた

君の愛を踏みにじったままで


いつか君に逢えるなら

少しはマシな俺で

錆ついたこの痛みを壊したいから

先なんて見えなくても

光の照らす方へと 俺は

今日も深い闇を掻き分ける


今ここにいる俺たち

何ができるのだろう

傷つく覚悟さえもできてないのに

くり返す日々の中で

その答えが知りたくて俺は

今日も遠い空に手をのばす

提供: うたまっぷ