歌詞

早春譜

海援隊

作詞
武田鉄矢
作曲
千葉和臣

さくら散るたびに 足もとに降る

竹の箒持ち 掃けどきりがない

白き花びらの 上をゆく蟻たち

そっと庭に残し かたづける春を

急ぐ事はない 若葉の時が

今にやって来る 春をしまう時


仔犬走らせて 水辺に遊ぶ

川の温もりを 指で確かめて

風が吹き抜けた 一瞬に水面揺れ

まるでモネの描きし 「睡蓮」の絵のよう

ただの平凡な 景色に見とれ

ひとり微笑んでる 私 印象派


ひとり夜空見て 子供にかえる

星座探しては 指で結んでいる

その指先の 天の川横切り

流れ星 流れるが 願うことがない

そうか もう私 幸せなのか

願い事もなく 星を見送るから

提供: うたまっぷ