歌詞

銀色の空

redballoon

作詞
井上秋緒
作曲
村屋光二

銀色の空 果てない

降り続く熱のように

短い季節 駆けてく

僕らを濡らして


何も持たず行くから

頼りない手のひらに

惑ってしまうよ


止んでしまった雨は

この空に痛みさえ

残さないで


惹き合う力と ぶつけ合う想い

傷つけてでも 抱き寄せた

壊れそうな 君に触れて

視えない物 信じてゆく


もう何も怖れないよ

吹き抜ける熱のように

短く蒼く 駆けてく

僕らを揺らして


「どうせ流れてく日々…」

俯き 逃したのは何の夢?


零れゆくような きらめきが欲しい

僕らは愛を 知りながら

辿り着けない か弱い光

夜が明けるのを 待ってる


明日だけが消えない

ただ途切れぬ約束

君の瞳に灼きつけたい

変わらぬ願いを


銀色の空 果てない

降り続く熱のように

短い季節 駆けてく

僕らを濡らして

提供: うたまっぷ