歌詞

ノースリーブのクリスマス

徳永英明

作詞
秋谷銀四郎
作曲
徳永英明

もう二度と会えることもない

そう思い背中を見てた

12月のにぎやかな街

ジングルベル悲しく響いた

あの頃二人は愛することに

○×をつけて勝ち負けを気にしていた

嘘をついたあの日何も見えずに

意地を張ってた僕さ

ひとりきりのSilent Night キャンドルの灯も

ふるえながら消えた


もう二度とかけないときめたダイヤルをためらいまわす

受話器になつかしい声 6月の雨音の中

今度はあなたが電話する番

ずっと待っていたと涙つまらせてた

夢見ていたあの日わたしそこねたプレゼント ポケットに入れて

ノースリーブのクリスマスタイム夏と一緒に

君が走って来るよ


夢見ていたあの日わたしそこねたプレゼント ポケットに入れて

ノースリーブのクリスマスタイム夏と一緒に

君が走って来るよ

提供: うたまっぷ