歌詞

3104丁目のDANCE HALLに足を向けろ

BLANKEY JET CITY

作詞
浅井健一
作曲
浅井健一

このままいったら 当然頭がおかしくなるだろう

何か楽しい事を考えなくちゃいけないんだ

このままいったら ぶっこわれるのは目に見えてる

何処か優しい所へ行かなくちゃいけないんだ


3104丁目のDANCE HALLに足を向けろ

ありったけの金を持って

3104丁目のDANCE HALLには

同じような気分の奴らが わんさかいるんだ


月へ行く予定だったロケットが湖のほとりにつき刺さった

そこに住んでいたペリカンの親子は即死だったらしい

そんなことを口走るような夜はやばいぜ

何処かスカッとするような所へ行かなくちゃいけない


3104丁目のDANCE HALLに足を向けろ

ありったけの金を持って

3104丁目のDANCE HALLでは

30年前のスピーカーが魔法をかけてくれる


地下へ降りてゆくドアを開ける

いきなりコウモリが注文を取りにきた

恐怖の戦場っていう名の ミルクシェイクを頼むぜ

次の瞬間 戦闘服を着た大男が バカデカイホースで

それをあたりかまわず 撒き散らし始めた

店中大騒ぎさ でもルールはちゃんと決まってる

紫の照明がオレンジに変わったら ダンスを始めなくちゃいけない

そう 誰も踊ったことのないような おまえだけのダンスを

波打つ床に 乗りながら


3104丁目のDANCE HALLに足を向けろ

ありったけの金を持って あの店は他の店とはちょっと訳が違うぜ

3104丁目のDANCE HALL そこは悪魔の匂いがブンブン漂ってるんだ

3104丁目のDANCE HALL そこは行き場のない奴らの溜り場さ

3104丁目のDANCE HALL

提供: うたまっぷ