歌詞

だけどぼくらは知らない

GOING UNDER GROUND

作詞
河野丈洋
作曲
河野丈洋

「願いごとだったら、まだ声にはしないようにね。逃げられちゃうから」

同じように僕は今 言葉よりもっと確かな鼻歌を持ってる


シュナイダーのレンズで 小さくなっていた景色を見ていたよ その奥で


輝いた日々 触れたくて手を

伸ばそうとしても 不確かな気持ちになる

きみが遠くで 何を思っても

その半分さえ ぼくには届かない


足下にうずくまってる思いは 風にまぎれて 鈍く光ってる


月に照らされた舗道 静かな声 「ぼくには、なにができるの?」

深い悲しみは今 鐘のように遠く鳴ってる 海を越えてくれ


広くなった視野で ぼくは歩いていく できるだけ強く 繰り返す


いつだってほら ぼくら遠くで

呼び合っているよ 不確かな声のままで

風とジョークが連れ去った日々

間違っていても そんなこと問題じゃないんだ


明日のことを ただ願ってる思いは 走り始めた 恐れもしないで


目を閉じて 言葉探して 歌を歌っていても まだ足りない

思い立って想像をかき消したら 夢物語なんてありやしない


それでもまだ ぼくたちは信じあうんだろう?

ねぇ どうして?


伝えたいことが伝わったとして

もっともっと近くに行けたら素晴らしい

だけどぼくらは知らない

本当のことを


例えば今日から きみが遠くへ旅立つとしても

ぼくなら こう言うだろう


いつだってほら ぼくら遠くて

呼び合っているよ 不確かな声のままで


いつかぼくらは どこか遠くで

巡り会うだろう 出会いが本当の奇跡なら


本当の奇跡なら

提供: うたまっぷ