歌詞

五線紙

東方神起

作詞
H.U.B.
作曲
velvetrunion

花の色 風に揺れて

僕らにメロディくれるように

飛行機雲 眺めながら

五線紙のような この道歩いてく 歌声も流れてる


少し早い半袖も 芝生の公園なら

空をかける少年に 僕らを帰すから


ほら よそ見した隙に 誰かが走り出すと

すぐ 追いかけて行くよ 大人のふりしててもだめさ


口ずさむ 歌もいつか

気持ちはひとつに重なり合う

明日(あす)の風に 吹かれながら

五線紙のような この道歩いてく 青空も続いてる


雲はカタチ変わっても 雲に変わりなくて

それは生きる僕たちと どこか似ているよね


きっと つらい時そばで 一緒に嘆くよりも

ずっと 待っていてくれる 誰より僕の味方だよね


ありがとう 君に会えて

乗り越える強さ覚えてゆく

ひとりじゃなくて ひとりひとり

五線紙のような この道歩いてく 隣には君がいる


きっと 10年後なんて 誰にもわからなくて

でも 集まればすぐに 半袖の少年になれる


花の色 風に揺れて

僕らにメロディくれるように

飛行機雲 眺めながら

五線紙のような この道歩いてく

デタラメな 歌もいつか

気持ちはひとつに重なり合う

明日(あす)の風に 吹かれながら

五線紙のような この道歩いてく 青空も続いてる


歌声も流れてる…


隣には君がいる

提供: うたまっぷ