歌詞

届いたらいいな ~Gratitude~

佐藤竹善

作詞
岡野宏典/Chikuzen
作曲
岡野宏典/Chikuzen

ないモノねだりをして 足元をちょっと見失っていた

走って ふりかえって あなたの歩み噛みしめる


言葉にしない思いが ぼくの背中に触れる


大切なものに迷ったけど 届いたらいいな このまま

素敵なことだと思えるまで 届いたらいいな あるがまま

皺々になった頬に 笑くぼができるように


許していくことをおぼえ でも何かちょっと照れ臭くて

古びたベルト少し緩めたら 避けていたものに近づいている


幾星霜も超えた声が 背中抱きとめる


ひとり背負うことに迷うけど 届いたらいいな このまま

疑うことに疲れるまで 届いたらいいな 思うがまま

見慣れた町の隅で 誇りに変わるように


狙まれたような自由のない日々がいつも

研ぎ澄まされた夢をつくる


これからどれだけの涙で ぼくは泣くのだろう 笑うだろう

ぼくが決めていく景色の色 届いたらいいな ここから

あなたの背中に触れながら 届けられるかな いつの日か

いつか去っていくその日までに 届いているかな 曲がらずに

重ならない時代を生きて重ねる想いを

放つよ

放つよ


...同じ空に出会えたらいいな

提供: うたまっぷ