歌詞

チョコレート

Chocolove from AKB48

作詞
秋元康
作曲
土屋学

君のキスはチョコレート

触れただけて溶けるように

甘くなる

少しビターな

その愛しさ もう忘れられない


バスを待ってた

夏の停留所で

急に黙る2人

風が通り過ぎる

僕はどうすればいいのだろう?

君は瞳を

そっと つむって

LOVE こっち向いた


胸の奥のチョコレート

その銀紙 剥がすように

ときめいて

僕の唇

誰よりも 君の近くにいた


緩いカーブに

バスが見えて来たら

魔法解くみたいに

そばで蝉が鳴いた

どんな顔すればいいのだろう?

空が眩しい

ふりをしながら

LOVE あっち向いた


君のキスはチョコレート

触れただけて溶けるように

甘くなる

少しビターな

その愛しさ もう忘れられない


胸の奥のチョコレート

その銀紙 剥がすように

ときめいて

僕の唇

誰よりも 君の近くにいた


君のキスはチョコレート

触れただけて溶けるように

甘くなる

バスの座席に

置き忘れたあの麦わら帽子

提供: うたまっぷ