歌詞

空中分解

椿屋四重奏

作詞
中田裕二
作曲
中田裕二

俺はこの手を透かした 銀色のまばゆい陽の光

遮りながら道を歩いた お前にただれたその後で


指の先に染みついた もどかしい記憶に立ち眩む

鋭い爪が背中を裂いた お前にただれたその挙げ句


魂が宙を舞った 手綱を解いて

悲しいが満たされ 帰れなくなった


必要以上に どこか異常な

言葉をちりばめて 喜ぶ


魂が宙を舞った 見境なくなって

罪に踊らされ 帰れなくなった


魂が宙を舞った 手綱を解いて

悲しいが満たされ 帰れなくなった

提供: うたまっぷ