歌詞

ミラクル

NOKKO

作詞
NOKKO/路木麻子
作曲
NOKKO

なくしたペンをひきだしで見つけた

のき下のネコに子供が生まれた

太陽は月に廻りこみ

予告もなく言葉をなげかける

あなたの瞳を感じた

かみなり雲のように

輝いて


からめた腕のあいだに風がふき

冬じたく セーターの穴を見つけた

不思議はいつか不思議ではなくなって

ほおずえをついている

あなたを愛していること

さけびつづけた後で

気がついた


魔法は空へ そしてあなたがいた

息を吸うたびに 雲は晴れてゆく


朝もやのおりた白い冬の道

キスをするたびに やさしいやさしいミラクル


なにげない日にも 庭に花は咲き

夕焼けの色は愛を増していった


なくしたペンをひきだしで見つけた

提供: うたまっぷ