歌詞

DNA

NOKKO

作詞
NOKKO
作曲
NOKKO

ひざをかかえて裸で ほし草の小屋で眠っている

逃げたい時のイマジネーション

あなたのうでがよみがえる

麦わら帽子が夢をあびて

噴水にうたがこだましても


あの夏は遠く1秒ごとに 色を増していった

走る あえぐ 止まる 笑う ふりかえる そして泣きだす時も


シャツの中に入れる風 ふきだす汗は今年の肌

つかれることも忘れて笑っていたよ 時が過ぎてく


ふりそそぐ声は あの日のわたしが

とけた せみのうた 恋をしてた


あの夏は遠く いちねんごとに きれいになってゆく

少し大人びてとなぐさめるよう いいきかせるように


あの夏は遠く1秒ごとに 色を増していった

走る あえぐ 止まる 笑う ふりかえる そして泣きだす時も


麦わら帽子が夏をあびて

とけた せみの声 恋をしてた


あの夏は遠く1秒ごとに 色を増していった

走る あえぐ 止まる 笑う ふりかえる そして泣きだす時も


あの夏は遠く いちねんごとに きれいになってゆく

少し大人びてとなぐさめるよう いいきかせるように

提供: うたまっぷ