歌詞

SHOUT(ココロの花びら)

渡辺美里

作詞
渡辺美里
作曲
宮本浩次

帰りたいけど帰れない 夜空の星の向こう

ひとりぼっちでシャウトしてる


夜の海 たて髪に 月のしずく浴びながら

金色のライオンが泳いでる 夢をみた


人類の歴史くらい 淋しい気持ちに負けそうで

天使より官能的な 唇かんで血をにじませている


ドレス引き裂いて退屈と 安全ピン 飾りたて

寝返りうって 奇妙な幻にうなされて


刹那的まなざしは インスタントでチープなサヴォタージュ

反逆は静脈に針さすことで満たされないだろう


しおれたココロの花びらに毎日 水をあげる

都会の砂漠に迷っても

私のぶんまで咲かせてほしい


嘆きのピエロだったり 裸の王様だったり

疎外されてる君を 折れそうな月 てらす


流されるのも運命さなんて そんな大人になれない

コントロールできない欲望 投げだして 生きてるわけじゃない


帰りたいけど帰れない 夜空の星の向こう

ひとりぼっちでシャウトしてる

本当のコトはいつもわからない


どこへ行こうか きみはきみ ぼくはぼく

からまわりしてる 自由

世界に向かって みせつけたい 抱きしめたい

君のため闘うよ


しおれたココロの花びらに毎日 水をあげる

都会の砂漠に迷っても

私のぶんまで咲かせてほしい


帰りたいけど帰れない 夜空の星の向こう

ひとりぼっちでシャウトしてる

本当のコトはいつもわからない

提供: うたまっぷ