歌詞

夏のチカラ

オオゼキタク

作詞
オオゼキタク
作曲
オオゼキタク

初めて恋した頃のように 年甲斐もなく胸を焦がしてしまいそうさ

どうして人は彷徨いながら 愛求めてしまうのか


夕立ちに降られた君の肌 濡れた前髪 雫が光る

僕は 息もできないほど君に見とれてた 夜風が頬を撫でた


幾千万の中の一人に出会えた奇跡を けっして逃さないさ

夏のチカラで この恋を掴めそうな気がしてさ


言葉交わすたび いつも目をそらしてた 僕じゃもうない

今日こそ ありったけの勇気で 君を誘うよ 夏の真下に


着慣れない浴衣に恥じらって

君と掬うんだ 赤い赤い金魚

綿飴のように膨らむ妄想

甘く溶けそうな二人になろう!


弾ける花火 カラフルな想い 夜空に描けば 心も染め上がる

夏のチカラで打ち上げて 大きな花咲かせたい


初めて恋した頃のように 年甲斐もなく胸を焦がしてしまいそうさ

はじめよう僕らの夏を 求めてた愛は君さ


I love you... I do!

I found you... Just you!


今 この手に

提供: うたまっぷ