歌詞

少年

橘慶太

作詞
橘慶太
作曲
伊橋成哉

窓を叩く雨に

記憶を辿りながら

真夜中溶け出した

思い出綴ってみた


あの夏の空

赤茶けたレールと枕木数え

振り向けばいつも

独りじゃなくて


いつか僕たちが見た 空が色褪せてしまう前に

今宵詩(うた)う過ぎ去った日々

たとえそれぞれの道

続くレール違ったとしても 僕らあの日確かに居たんだ

夏香る空の下の

少年…少年…


やがて夜(よ)が明ければ

風もおさまるだろう

書き留(と)めたディスプレイには

過ぎた日々が映る


歩き疲れた

僕に差し出す掌はきっと

やがて辿り着く

別れの時へ


誰も目を逸らさずに 瞳見開いた現実が

僕はなぜか理解出来ず

だけど時は無情に

流れ季節を奪ってゆく それでも僕らあの夏の日

駆け抜けたそのままの

少年…


今も耳をすませば そこにあの日のまま僕らの

笑い声聞こえるようで

いつかあの日のように

続く畔道(あぜみち)また歩けば 逢えるような気がするんだ

この詩(うた)の向こう側の

少年…少年…

提供: うたまっぷ