歌詞

リュ・シウォン

作詞
ma-saya
作曲
コモリタミノル

夜が明ける 瑠璃色の

星空みつめて

だまり込んだ 僕たちに

朝陽が矢を放った


もう 争いなんてしたくないほど

この胸に突き刺さる


ことばにならないけど

確かに心のなかに ユウキが溢れるから

抱きしめる 君のこと


心の水平線に

いつでも微笑む君がいるなら

それだけでいい


風が走る 防波堤

足音響かせ

照れくさくて 切なくて

鼻歌くり返した


ねえ 向き合うたびに知り合うのかな?

おたがいを生かすため


かたちにできないけど

流れる時間のはざま 二人は歩いている

光射す この場所で


ふたつの運命線を

かさねて聴こえる声があるなら

それだけでいい


もう 争いなんてしたくないほど

この胸に突き刺さる


ことばにならないけど

確かに心のなかに ユウキが溢れるから

抱きしめる 君のこと


心の水平線に

いつでも微笑む君がいるなら

それだけでいい


君だけ

それだけでいい

提供: うたまっぷ